アクティブICタグ 北興産業株式会社

アクティブICタグ

アクティブ ICタグシステムとは

「アクティブICタグ」とは、電池を内蔵し電波を発信する無線ICタグにより、様々なサービス・ソリューションを提供できるRFIDシステムのことです。

RFIDRadio Frequency IDentification System)~【媒体に無線を用いた認識システム】

アクティブICタグにはアクティブタイプセミアクティブタイプがあります。
その他、重機接近警報装置危険エリア侵入警報システムフォークリフト接近警報システムハンズフリー入退場システムといったパッケージもあります。

※レシーバはリーダ装置、リーダ/ライタ、RFID装置とも呼ばれています。
※ICタグはRFタグ、無線ICタグ、非接触型ICタグ、ユビキタスID等とも呼ばれています。

アクティブ型とパッシブ型の違い

文字通りアクティブ型(能動型)とパッシブ型(受動型)で、ICタグが自ら電波を発信するのか、電源をレシーバから供給されるのかの違いです。

比較項目 ICタグの電池内蔵 通信距離 ICタグの大きさ レシーバの数 レシーバへの認識 ICタグの単価 再利用の有無
アクティブ型 電池内蔵 10~30m 大きい 少なくて済む 特に何もしなくてよい 高い 基本的に再利用
パッシブ型 電池なし 数mm~1m程度 小さい(米粒程度も可能) 多数の設置が必要 近くにかざす必要がある 安い 原則として使い捨て

お気軽にお問い合わせ下さい。

076-491-1235

076-491-3588

平日9:00~17:00 年末年始 夏期休業日除く

お問い合わせ
北興産業株式会社
〒939-8281 富山県富山市今泉西部町6-1 TEL 076-491-1235 / FAX 076-491-3588
Copyright© Hokko Sangyo Co., Ltd. All rights reserved.
TOP